MENU

乾杯王の主成分クルクミンの効果と肝臓への働き

 

乾杯王には二日酔いに効果的な成分が含まれており、クルクミンはその一つです。1包あたりに30rのクルクミンの他、オルニチン200r、複合多糖300rが乾杯王の主な成分です。

 

このクルクミンはウコンに含まれている成分で肝機能強化効果や抗酸化作用があると言われています。

 

二日酔い対策に効果的なクルクミン

クルクミンは二日酔い対策に有効な成分であり、肝臓を強化する働きがあります。

 

その為、飲酒する一時間位前に摂取する事で効果的な働きをしてくれます。またその他にも生活習慣病や癌、アレルギーなどの炎症や筋肉疲労といった多くの効果があるとされています。

 

ただ大量に摂取すると逆に悪影響をもたらしますので適量を摂取していきましょう。

 

またクルクミンは体内への吸収率が悪い為、サプリメントなどに加工する事で吸収率を上げています。乾杯王もクルクミンをサプリメントに加工する事で、より二日酔いに効果のあるものへとなりました。

クルクミンの摂取と期待できる効果

クルクミンはウコンの有効成分であり、ウコンを摂取する事で二日酔いに効果がある事は周知されています。ちなみにこのウコンは漢方薬では上位に分類されており、長く愛用されてきたものです。

 

弱った肝臓を守り、機能を回復させる効果もあるとされており、体内でテトラヒドロクルクミンに変化します。この成分は強い抗酸化作用があり、活性酸素を消去する事で生活習慣病の予防改善に効果が期待できるようになっています。

 

デトックス効果や老廃物の分解効果などもありますので、便秘にも有効な成分です。脂肪肝の改善も期待出来ますので、二日酔い対策以外にも健康保持の為に積極的に摂取していって欲しい成分となっています。

 

中国ではウコンは上薬と呼ばれ、高麗人参などと同様強い効果が期待できるものと健康改善に期待が持てる作物です。長く健康に良いものとされてきたものだけに非常に多くの効果が期待できるものとなっています。健康をサポートする為に是非摂取していって欲しいですね。